So-net無料ブログ作成
検索選択

銚子センチュリーラン2009 [SPORTS ENTRY]

家から車で約1時間の会場(ふれあいプラザさかえ)へ向けて4時半に出発した。早起きは気持ちがよい。5時半より受付が開始される。


スタート&ゴールの千葉県の栄町は、水と緑に恵まれたところで穏やかな風景のあるまちだ。
今日の天気は曇りぎみ。時より昇りはじめたオレンジ色の太陽が顔を覗かせる。センチュリーランはこのくらいの天気でちょうど良い。


会場に到着すると駐車場のクルマはまばら。入り口付近に止めることができた。着替えを済ませてバイクセッティングをする。僕はなぜかいつもこの瞬間が大好きだ。
開会式までのしばらくの間、車中でぼんやり過ごす。今日はボトル2本必要かな。あのバイクかっこいいな。特注かな?
おお、このおじいさん(多分65歳くらい?に見える。)電動デュラか?スゲー。
さて、そろそろ会場に行って待機しようかな。受付を済ませる。


6時半頃、主催のサイクリング協会さんが開会式を行うということで、行ってみる。
あれ?見たことある人が・・。おお、あれは安田大サーカスの団長だ!ラジオ体操に来ていた子供たちが騒いでいる。
どうやら今回出走するつもりでいたが、本人のあいさつを聞く限り、どこかが捻転してしまってしばらくは大事をとって走れないということである。
さすが団長おもしろい!スタート前の緊迫した400人を前に笑いを誘っていた。

P1000018-1.jpg              「おお、あれは安田大サーカスの団長だ!」


さて、緊張もほぐれ、いよいよスタート。第一陣目だ。さっきの電動デュラのおじいさんも一緒だ。しばらく一緒に走る。キュイ・キュイって変速の音がかっこいい。しかしなんだか少し変だ。
良く見るとこのおじいさん、右手が少し不自由なようである。なるほど、このような人にも電動は良いのか。
それだけではない。このおじいさんとてつもなく早い。CP1まで前を走っていたが、CP2までの間は先に行ってしまい、 あまりに速すぎて2度と見ることはできなかった。


CP1の蓮沼まではほぼ追い風だったことも影響し、あっという間についてしまった。あまりの速さ(平均32km/hくらい)に自分のペースをつかむことができなかった。


CP2の銚子にある「君が浜しおさい公園」までは、この大会で一番好きなコース「千葉県道408号飯岡九十九里自転車道線」を走る。
ここもほぼ追い風。なんと、CP2へは先頭から4番目に到着した。
ここではこの辺で一番の味という採れたての西瓜がふるまわれる。塩をたっぷりふってもらい、塩分も同時に補給。うまい!うますぎる!

P1000022-1.jpg

「千葉県道408号飯岡九十九里自転車道線」

P1000023-11.jpg                「塩をたっぷりふってもらい、塩分も同時に補給」

P1000025-1.jpg「君が浜しおさい公園」

しかしこの時点では、この後起こる過酷なライドをまったく予想できていなかった。
CP3の麻生屋本店前本屋前に到着したときは、足を全て使い切ってしまったのである。


CP2からCP3まではほぼ全て向かい風になったのである。しかもかなり強い風。そんな中で知らない人を15kmくらい牽いたり、多分平均で20km/hを出すのがやっとだったと思う。

CP3では回復までに少し時間をかけた。後から来た人より遅く出発する。

ここでは、ものすごい軽量化にお金をかけていそうなおじさんがいた。フレームは軽量バイクなどで知られるSPINにスーパーレコード、クランクはPULSION Activ Link、RITCHEY WCS ステム、ホイールはCORIMA WINIUM等々。ここまでお金かけたら楽しいだろうな。


さて、少し回復したし、「行くか最後の40km!」

気合いを入れてスタート。でも途端に戦闘意欲を削がれてしまう。何だこの向かい風は。インナーローで20km/h維持するのがやっとだ。
ようやく成田の山岳コース?に入るが、すでに最後の足もほぼ使ってしまったようだ。ペースは上がらない。怒涛の上り下りの連続だ。風も収まらない。もうふらふら。

なんとか先ほどの軽量バイクのおじさんに追いつく。ちょっとずるいが、後ろについて少し牽いてもらうか・・・。

ああ、駄目だ。このおじさんもふらふらでまっすぐ走れてない。


後から追い抜いてきたTREKのお兄さんについていく。ここまで来ると牽いてもらうというよりは、ペースメーカーとして追走させててもらう。


14時40分なんとかゴール。配られていたアイス(グレープ味)を貪り食らう。うう、生き返る。タイムは去年より20分遅れの7時間40分。
今年はペース配分がうまくいかなかった。

センチュリーライドは過酷で苦しい。こんなに苦しいのだから二度とやらない。とその時は思うのだが、年を重ねるごとに物忘れが進みしばらくすると完走できた喜びと輝いていたあの一日を思い出し、また参加してしまうのだろう。

P1000028-1.jpg「今年はピンクのリボンを装着して走った」

※約1300km走ったSchwalbe Ultremo R に米粒大の切れが散見されていて不安だったので、直前にミシュラン PRO3 ライトに変えて走った。Ultremo Rより、実測重量が軽かった(前後平均185g)のはショック。走行感はUltremo Rよりはしっとりとした感じがするが、Ultremo Rのほうが硬い感じでこちらのほうが好みだ。

所要時間:7時間41分

Dst:162.88km

Tm:6:24:11

Av:25.4


nice!(2)  コメント(2)  トラックバック(1) 
共通テーマ:スポーツ

nice! 2

コメント 2

noa317

ビアンキニストさんも参加していたのですね!
実は僕もイベントデビューとして先日参加していたんですよ。
僕はチーム(赤い軍団)の方たちと一緒にスローペースで走っていたので
結局11時間もかかってしまいました・・・^^;

もしかしたら開場ですれ違っていたかもしれませんね~^^
by noa317 (2009-07-20 20:46) 

ビアンキニスト

noa317 さんこんばんは!
ニアミスだったんですね。バイクを見れば間違いなく気がついたと思います。しかしあの強風の中、無事完走したんですね。おめでとうございます^^結構きつかったですね。
by ビアンキニスト (2009-07-20 21:02) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 1

この記事のトラックバックURL:
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。